ピーマンを食べれない理由は苦味と青臭!対策法方は?

生活
Pocket

子供のころはピーマン苦手な方が半々ぐらいはいましたが、大人になると食べれるようになります。

特に女性の方はピーマンのもつ本来の栄養素により食べたくなるぐらいです。

それは、ピーマンには美肌効果が期待できるビタミンCが豊富に含まれているので、特に紫外線が強い夏場に積極的にモリモリ食べたい野菜。 

その他にもむくみ解消に効果的な『カリウム』や免疫力を高める『β-カロテン』も豊富に含まれているのです。 

また、 ピーマン独特の香り(ピラジン)には血液をサラサラにする効果も期待できます。

ピーマンを食べれない理由は苦味と青臭!

 

ピーマンは何故あんなに苦いのか?

ピーマンが甘ければみんなモリモリ食べたくなるのに!

ですがピーマンが甘ければ、成長する間に虫たちに食べられてしまいます。

なのでそれをさけるために自ら苦味成分である毒を作ることにより成熟して、子孫繁栄しているのです。

ピーマンの苦み成分の正体は、最近まではっきりとはしていませんでしたが、ポリフェノールの一種とピーマン特有の香り成分の『ピラジン』が加わってできたものだとされています。 

つまり、ピーマンの苦味の細胞壁をなるべく壊さないようにすれば苦味が少ない、ということになります。

ピーマンの切り方として、縦に切ると苦味が少なく横に切ると苦味が強くなります。

 

ピーマンのもつ栄養素は?

ピーマンの中で最も注目すべき栄養素は前にも言いましたがなんといってもビタミンC。 

通常なら加熱すると壊れやすいビタミン Cですが、 ピーマンに含まれるビタミンPという成分が熱によってビタミンCが破壊されるのを守ってくれています。 

そのおかげで、 ピーマンのビタミンCは加熱しても壊れにくく、効率よく摂取できるという嬉しい特徴があります。

 

気分もノリ始めたので、もう少し詳しくピーマンのもつ嬉しい栄養素を紹介していきたいとおもいます。

 

ピーマンの知られざる栄養!

ピーマンの余り知られていない栄養を詳しく紹介していきます。

 

βカロテン!

βカロテンは、ピーマンに含まれる脂溶性の色素成分の一つです。

これは人体に有害な活性酸素を抑え、免疫を強めるはたらきを持っています。 

また人間の体内に入ると必要な分だけビタミンAに変換され、 皮膚や粘膜、目の機能を正常に保ってくれます。

 

ビタミンC!

ピーマンには同じナス科であるトマトちゃんの4~5倍のビタミンCが含まれています。

こちらは体内のコラーゲンを生成するのに重要な役割を果たしてくれており、皮膚や粘膜の健康維持には必要不可欠です。 

また優れた抗酸化作用や免疫を高めるはたらきがあることでもみなさんに知られており、 鉄の吸収を高めたり、皮膚のメラニン色素の生成を抑えたりする働きにも効果的です。

 

ビタミンP!

ビタミンCは、すごく熱に弱いことが知られていますが、ピーマンのビタミンC はあるものに守られているとされています。 

その理由は、ビタミンCを熱から守るはたらきがあるのは、ビタミンPが含まれているおかげなのです。

しかもビタミンP単体では毛細血管を元気にし、血液をサラサラにする効果があり、コレステロ ール値の抑制や抗アレルギーにも役立つとされています。

つまりはピーマンのもつビタミンCを熱から守り、人の健康に必要な栄養素を取り入れやすくしてくれている救世主てき存在のビタミンPなのです。

 

クエルシトリン!

ドクダミなどに含まれることでも知られているポリフェノールの一種。 

血圧やコレステロール値を安定させるはたらきのほか、 最近では抗うつ作用、脂肪蓄積抑制作用なども報告されています。

 

ピラジン!

ピラジンは種やワタに多く含まれ、ピーマンの独特の青臭い香りのもとになる香気成分です。 

こちらは血流促進作用があり、血栓予防や冷え性対策として非常に効果的です。

 

ピーマンの苦味対策方法は?

ピーマンの苦味を和らげる方法を紹介していきます。

 

ピーマンに火を通すとどうなるのか?

ピーマンは生でも食べられる野菜なので、フライパンでサッと炒める程度でも充分ですが、 加熱すること で苦味が軽減され、 甘味が増して、小さなお子さまでも食べやすくなります。 

ピーマンが苦手な方はじっくりと長~く加熱するのがおすすめですよ。 

さらにシャキシャキした食感や味わいを楽しみたい場合は強火で短時間で火を通すとピーマンの風味を損なわずに美味しさを楽しめますよ。

レンチンする場合は、ピーマン4個なら600Wで2分ぐらいでできます。

 

まとめ

ピーマンが苦手な理由としては苦味や青臭さがあります。

対策法としは苦味が出にくい切り方と加熱することです。

いざ食べれるようなれば、とても素晴らしい栄養素があります。

しかもピーマン自体が加熱しても栄養素が損なわれないようにビタミンPで守ってくれています。

いかにピーマンが人に食べてもらいたいにちがいないと勝手に思い込んでいます。

ちなみに私はピーマンの肉詰めなら10個はかるくいけます。

そのおかげでピーマン大好きになりました。
スーパーに行くとピーマンの肉詰めした状態で売られていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました